※ブラウザでJavascript の設定がオフになっています。設定を変更してください

矿业投资

TOP  >  特技懇とは

 

 特許庁技術懇話会(略称「特技懇」)は、昭和9年(1934年)に設立され、特許庁の審査・審判官等の技術系職員からなる正会員及びOBの特別会員で構成されている団体です。
 その活動目的は、会員相互の親睦と研鑽を行い、特許行政に寄与し科学技術の振興を図ることです。
 主な活動として、年数回の会報「特技懇」誌の発行の他に、懇親会の開催や、会員を対象とした知的財産権に関する研究会の開催、庁内外諸団体との交流が行われています。